武蔵小山

再開発された注目の街
img

武蔵小山はどんな街?

武蔵小山は、近年再開発が進んでおり発展が著しいホットスポットとして注目されています。武蔵小山は東京で最も長いアーケード商店街の「武蔵小山商店街パルム」があることで知られており、長いアーケードに並ぶお店は約250店舗もあります。また、武蔵小山駅は目黒、大手町、永田町、日比谷へ1本という利便性の高さも人気の理由のひとつです。さらに、2022年には東急線と相鉄線の直通運転が計画されており、新横浜へのアクセスなどの利便性も高まることから、ますます発展が期待される注目エリアです。今後、新たにタワーマンションの建築予定や周辺の整備など、街としてのグレードアップに注力しており、更なる人気向上に伴う人口増加や街の付加価値がますます高まっていくことが予想されます。

image instruction
武蔵小山駅前
image instruction
THE MALL
image instruction
パルム商店街①
image instruction
パルム商店街②

武蔵小山という地名の由来

小山八幡神社(現在の荏原7丁目)が小高い山の上にあったことから、小山という地名がついたとされています。1923年に目黒蒲田電鉄(現在の目黒線)の駅として「小山駅」が開通し、翌年に「武蔵小山」という名へ改称したことからこの地名が生まれました。

武蔵小山駅周辺のおすすめスポット

武蔵小山駅周辺のおすすめスポットといえば、やはりパルム商店街でしょうか。パルム商店街は飲食店、スーパー、ベーカリー、アパレルなどバラエティーに富んだ賑やかな商店街ですが、中でもおすすめしたいのは商店街を入ってしばらくしたところにある古風な喫茶店です。ジャンボパフェが名物のお店なのですが、今回おすすめしたいのはランチメニューです。ナポリタン、サラダ、飲み物、ケーキを全て頼んでも1000円しない高コスパで、満足できるおいしさでした。店内には芸能人のサインでいっぱいだったので、武蔵小山では名の知れた老舗人気店のようです。

image instruction
老舗人気店
image instruction
老舗人気店のランチ

武蔵小山駅の隣にあるパークシティ武蔵小山THE MALLは2018年にオープンした武蔵小山の新たなランドマークとなる複合商業施設です。中には新しめのカフェなどが入っていて、これから武蔵小山に住む人の支えとなりそうです。また、駅と直結するetomo武蔵小山にはスイーツショップやベーカリー、無印良品などが入っている為女性からの人気を集めています。

image instruction
パークシティ武蔵小山THE MALLのお店
image instruction
etomo武蔵小山

さらに、武蔵小山は12ヘクタールの広大な敷地を誇る「林試の森公園」があることでも有名で、豊かな自然を身近に感じることができます。

image instruction
林試の森公園①
image instruction
林試の森公園②

武蔵小山駅周辺の相場

武蔵小山駅周辺の物件の数は41件と少なめです。再開発で資産価値が高まる武蔵小山の坪単価の中央値は300万円を超えており、m平米数にもよりますが地価は高額である傾向にあります。

坪単価=330万円(中央値)坪単価=249万円~575万円程度

※2021年3月のデータによる

※坪単価は外れ値を除いた目安となります

武蔵小山周辺の土地

マップ上のピンを選択すると、近傍の物件が表示されます。
(※詳細な住所が公開されていない場合は、複数の物件が表示されます。)
2億5300万円
Selection 3路線4駅利用可能!賃貸マンションや事務所に最適
所在地 東京都品川区荏原5丁目
最寄駅 武蔵小山徒歩10分 西小山徒歩8分 荏原中延徒歩14分 戸越銀座徒歩14分
面積 170.85 ㎡(51.68坪)